ストーンペーパー印刷のご紹介

福岡支店の峰松です。福岡もだいぶん活気が戻ってきたように思いますが、まだまだ営業で街中を回っていると、お客様のところまでの道のりが短く感じるほど、道路はすいています。
弊社だけでなく、お客様達と一緒に乗り越えて、1日も早く福岡を盛り上げていけたらと思います。

そんな中、今月は新たにストーンペーパーを使った印刷物の発注をいただく事が出来ました。ストーンペーパーは、木を一切使わない環境に配慮した紙、という事だけでなく、水にぬれても破れたりふやけたりしない、という機能性を有しています。

ちなみに、同じような機能を持つ「ユポ」という紙と比較すると、半額程度の紙代で印刷が可能です…
ですが、そんないいとこばかりのようにも感じるストーンペーパーですが、印刷自体がすごく難しい紙で、印刷できる所はあまりありません。

そんな紙をよく使うお客様を入社1年目から担当となり、一番知識を吸収しやすい時期に苦労させられ、否が応でもストーンペーパーに詳しくなりました。
そのため、弊社では工場のオペレーターたちも、当然普通の紙とは異なるため、案件をもってくると少々嫌な顔はしますが、その技術をフルに使って、他社ではまねできないようなクオリティーを実現させてくれています。
今回は、そんなストーンペーパーで通販用の冷凍・冷蔵商品に入れるリーフレットを印刷し、OPP袋に入れるアッセンブリコストを下げつつも品質を下げたくは無い、という事で、今年の4月末より通信販売事業を開始された北九州のうどんチェーンの雄、「資さん」からのご依頼をいただく事が出来ました。
こういった時勢で、通販事業を開始されたからこそうまれた縁、という事で苦しい中でも、良い事はある、と励みにもなりましたし、どの印刷会社もあんまり手をつけたくないストーンペーパーの可能性を引き出せるようになるまで、がんばって技術を磨いてくれたオペレーターの方々にも感謝を感じるお仕事でした。
これから、冷凍・冷蔵商品の通販を始める方や、耐水性ではなく木を使わない「エコ」をうたった印刷物を取り入れたい、という方は、ぜひ一度当社にご相談下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。